サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 樹木から作られたガルウイングドアのコンパクトスポーツ【エコプロ2019】

ここから本文です

未来のクルマをテーマに環境省が出展

 地球環境問題の解決に向けての取り組み、サスティナブル(持続可能)な社会の実現を提案する「エコプロ2019」が、2019年12月5日(木)~7日(土)、東京ビッグサイト西ホールで開催された。21回目を数えるこの展示会には、今回も515の企業・自治体・NPO・大学が出展した。

レクサス初の量産EV「UX300e」発表 コンパクトSUVの俊敏さと電動車の静粛性を両立

 これに出展している環境省のブースは「未来のクルマ」をテーマに、先日の東京モーターショーでお披露目された2台の車両が再び一般公開された。

 1台は「NCV」。

おすすめのニュース

サイトトップへ