サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 母国レースのルクレールがFP1最速で好発進! トップ4に2強ひしめく。角田裕毅は11番手|F1第7戦モナコGP

ここから本文です
 F1第7戦モナコGPのフリー走行1回目が行なわれ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマークした。

 言わずもがなだが、舞台となるのはモンテカルロ市街地サーキット。1950年のF1創設期から大きく変わることなくカレンダーに残り続ける伝統の地だ。ただ今年、例年と異なるのはF1の走行スケジュール。通常、モナコGPは木曜日にFP1、FP2を行なってきたが、今年は他のレースと同じ金曜日に初日の走行を行なうこととなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン