サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1自己最高得点の裏側……ガスリー、牽引役として戦った2021年を振り返る「ユウキとの関係は上位チームと同じ」

ここから本文です
 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は2021年シーズンのアゼルバイジャンGPで3位表彰台を獲得し、いくつかのレースではトップ6フィニッシュを獲得。20名のF1ドライバーの中でも傑出したパフォーマンスを発揮したひとりだ。

 結果として、2021年のドライバーズランキングではダニエル・リカルド(マクラーレン)とわずか5ポイント差、チームメイトでルーキーの角田裕毅(32ポイント)を大きく上回る110ポイントで9位を獲得した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン