サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPフランスFP1:ジャック・ミラー、2連勝に向けトップタイムで好発進。母国戦ザルコ2番手

ここから本文です

MotoGPフランスFP1:ジャック・ミラー、2連勝に向けトップタイムで好発進。母国戦ザルコ2番手

MotoGPフランスFP1:ジャック・ミラー、2連勝に向けトップタイムで好発進。母国戦ザルコ2番手

 フランスのブガッティ・サーキットでMotoGP第5戦フランスGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはドゥカティのジャック・ミラーだった。

 フランスGPの週末は雨予報となっており、実際にMotoGPのFP1は路面が濡れた状態でスタートした。ただ既に雨は上がって日が差し込んでいたため、徐々に走行ラインが乾いていく……という難しい状況でセッションは進むことになった。

□ジャック・ミラー、フランスGPに“やる気”たっぷり! 昨年トップ争いもトラブルでリタイア

 ミラーは1分38秒007のトップタイムを記録し、2番手以下に1.5秒近い差をつけた。彼はセッションが進むにつれて乾く路面に対し、終盤にスリックタイヤでのアタックを実行。残り5分ごろに前述のタイムをマークしてトップに躍り出た。

 2番手タイム(1分39秒488)はプラマックのヨハン・ザルコ。フランスGPは彼にとっての母国戦となるが、セッション序盤から終始タイムシートの上位につけていた。

 3番手(1分40秒069)はスズキのジョアン・ミル。なおスズキはチームメイトのアレックス・リンスにトラブルが発生。セッション序盤にマシンが失速してしまい、一度走行中断を強いられてしまった。そのリンスは最終的に9番手タイムを記録している。

 4番手と5番手にはレプソル・ホンダのポル・エスパルガロとマルク・マルケスが続いた。怪我から復帰して3レース目となるマルケスだが、フィジカル面でまだ万全ではないため、雨のコンディションは負荷が減ると歓迎する姿勢を示していた。

 弟のアレックス・マルケス(LCRホンダ)はセッション残り6分の終盤にクラッシュ。今シーズンは転倒が多くなっているが、最後はなんとか11番手タイムを記録した。なおチームメイトの中上貴晶は15番手タイムだ。

 またFP1では全体的にヤマハ勢が低調な結果に。マーベリック・ビニャーレスの12番手が最上位となり、母国戦のファビオ・クアルタラロは16番手と沈んでいる。なおビニャーレスはセッション終盤にピットロードから出た直後にタイヤが温まっていないためか、ごく低速での転倒を経験している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します