サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD会見:サウジアラビアは「経験したことのないレイアウト」PUの使い方、全開率の変化は大きいと予想

ここから本文です
 初開催のF1サウジアラビアGPはサーキット自体が完成したばかりなのに加え、平均時速250km超という市街地コースとしては最速のコースレイアウト、さらに27のコーナー数は全22戦中最多、1周の長さもスパ・フランコルシャンに次ぐ2番目と、未知の要素満載だ。

 それだけにホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、「これまでに経験したことのないコース」「(初日セッション後の)迅速なデータ分析、最適化作業が、今まで以上に求められる」と、緊張感を滲ませていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ