サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 激変コンディションで予選2位アロンソ「次のコーナーのグリップが分からなかったから、ただベストを尽くした」

ここから本文です

 F1カナダGPの予選で、アルピーヌのフェルナンド・アロンソは2番グリッドを獲得し、周囲を驚かせた。アロンソはこれについて、Q3最後のアタックに全てを賭けたからだと語った。

 アロンソがフロントロウを獲得するのは、2012年ドイツGP以来、実に約10年ぶりのこと。しかもフェラーリのカルロス・サインツJr.を真っ向勝負で下しての結果だった。

■齢40歳フェルナンド・アロンソ、雨のカナダで超速アタック完遂。2番グリッド確保「1コーナーでフェルスタッペンに仕掛けるよ」

 この結果についてアロンソは、予選Q3終盤はコースが急速に乾いていたため、ターゲットとするラップタイムを設定できなかったという。そのためライバルを気にするのではなく、ただ自分のベストを尽くす必要があると感じていたという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン