現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱自動車、冬の風物詩!? デリカD:5に特別仕様車「シャモニー」が登場

ここから本文です

三菱自動車、冬の風物詩!? デリカD:5に特別仕様車「シャモニー」が登場

掲載 1
三菱自動車、冬の風物詩!? デリカD:5に特別仕様車「シャモニー」が登場

三菱自動車が2023年11月24日、オールラウンドミニバン「デリカD:5」に特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を設定、同時に一部改良を実施した。価格はデリカD:5が415万6900~462万2200円。特別仕様車「シャモニー」が455万7300~465万6300円。
 

シャモニーは1985年の2代目デリカスターワゴンから販売を開始し、世代交代のたびに冬季ならではの仕様を装備するなどして設定され、長年好評を得ている特別仕様車である。
 
シャモニーとは、フランス東部のモンブラン山群の麓にある世界有数のスキーリゾートとして知られるエリア。その雪山の世界をイメージしてアウトドアアクティビティを快適に楽しめる装備を付加するなどして仕立てられることから命名されている。
 
さて、今回設定したデリカD:5特別仕様車シャモニーは、2023年東京オートサロンや大阪オートメッセで展示したコンセプトカー「SNOW SURVIVOR」をイメージして、最上級グレード「P」をベースに専用の外装・内装デザインにして、アウトドアアクティビティをより快適に楽しめるよう仕立てたもの。
 
エクステリアはフロントグリルやポジションランプガーニッシュ、フォグランプベゼル、ドアミラーカバー、アウターハンドルをブラックマイカで統一したほか、ブラック塗装の18インチアルムホイールで足元を引き締めることで力強い印象を持たせている。
 
テールゲートに配した「CHAMONIX」の専用デカールには雪山に生える針葉樹をイメージしたグリーンの専用色を採用。また、フロントフェンダーにカモフラージュ柄をベースにグリーンの車名ロゴ入りのデカールを配すことでアウトドアシーンに映える装いとしている。
 
インテリアでは、アウトドアアクティビティでの使い勝手を考慮し、雪や水滴が付いたウエアのままでも気軽に乗り込める撥水機能を有するスウェード調素材と合成皮革のコンビネーション生地を使用したシャモニー専用シートを採用。
 
また、滑りにくさに配慮した立体的なボーダーキルティング形状にシルバーステッチを施すなど、機能性とデザイン性を両立する。
 
このほか、ルーフビームガーニッシュの天井照明を専用のホワイトに、オーナメントパネルとアクセントパネルには木目調パール杢を採用するなどインテリアの質感を高め特別感のあるものとしている。
 
ボディカラーはホワイトダイヤモンド×ブラックマイカと、ブラックダイヤモンド×ブラックマイカの専用色(7万7000円高)2色に既存色となるグラファイトグレーメタリック×ブラックマイカの計3色展開とした。
 
+αのコンプリートパッケージもある
 
シャモニーをさらに特別な存在に仕立てあげる「CHAMONIXコンプリートパッケージ」もディーラーオプションとして用意する。専用色のグリーンを採用したドアミラーカバーやエンジンフードエンブレムに加え、カモフラージュ柄のボディサイドデカールなど、オートサロンに出展した「SNOW SAVIVOR」を想起させる専用オリジナルアクセサリーをセットにしたもので、価格は26万370円(本体21万3730円、参考取り付け工賃4万6640円)となっている。
 
 
一部改良で安全性と質感を向上
 
特別仕様車「シャモニー」の設定に合わせて一部改良も実施した。具体的には、後退時の安全性を高めるためにマルチアラウンドモニターと自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付き)を全車標準装備とした。
 
また、Pグレードと特別仕様車「シャモニー」のアクセルペダルとブレーキペダルをアルミ製としている。
 
[バリエーションと価格]*:特別仕様車
〈4WD・2.2Lディーゼルターボ・8速AT〉
シャモニー(電動サイドステップ装着車)*:465万6300円
アーバンギア Gパワーパッケージ:462万2200円
P:460万1300円
シャモニー(電動サイドステップ非装着車)*:455万7300円
Gパワーパッケージ:449万4600円
アーバンギア G:438万5700円
G:425万8100円
M:415万6900円
 
 
〈文=ドライバーWeb編集部〉

こんな記事も読まれています

なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
くるまのニュース
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
バイクのニュース
“アヒル”のマスコットを装備したジープ・ラングラー・アンリミテッドの特別仕様車が登場
“アヒル”のマスコットを装備したジープ・ラングラー・アンリミテッドの特別仕様車が登場
カー・アンド・ドライバー
全長4.4mのルノー新型コンパクトSUV「シンビオズ」まもなく世界初公開! スタイリッシュなワゴンボディに注目
全長4.4mのルノー新型コンパクトSUV「シンビオズ」まもなく世界初公開! スタイリッシュなワゴンボディに注目
VAGUE
新生ランチアはイプシロンで再び栄光を手にする! 新型「ランチア イプシロン」をスタジオでチェック!
新生ランチアはイプシロンで再び栄光を手にする! 新型「ランチア イプシロン」をスタジオでチェック!
AutoBild Japan
ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場
ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場
くるまのニュース
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
モーサイ
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
WEB CARTOP
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

1件
  • seg********
    値段が高い。
    私の経済力では買えません。
    買えて維持できる人が羨ましいです。

    そもそも悪路の走破性以外に最新の技術を搭載したアルファードと比べてどうなんでしょうか
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

400.2457.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.8716.0万円

中古車を検索
デリカD:5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

400.2457.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.8716.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村