サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1仕事の流儀:ピレリのエンジニア「空力より、タイヤの理解が成功の鍵だ」

ここから本文です

 F1には、テレビには映らずとも、実に多くの人々が関わっている。彼らがいなければ、グランプリサーカスが世界を転戦することはできない。今回はピレリのチーフ・レースエンジニアであるマヌエル・ムニョスの仕事をご紹介しよう。

■私の仕事

■F1仕事の流儀:テレビカメラマン編「パドックを駆け回り、効率的な取材目指す」

 私はピレリの、サーキットでのF1チーフ・エンジニアだ。我々のエンジニアは多くのチームと協力しており、各チームにはひとりずつの担当者がついている。そして、彼らを手助けし、最適な形でタイヤを使ってもらえるようにしている。その中で私の役割は、それらの全てを調整し、外部から概要を把握することだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ