サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 高木真一率いるバイオニック・ジャック・レーシング、2021年のスカラシップドライバーに岩澤優吾を選出

ここから本文です
 2019年のスーパーGT GT300クラスチャンピオンの高木真一率いる『Bionic Jack Racing(バイオニック・ジャック・レーシング)』はプレスリリースを発行し、2021年度のFIA-F4スカラシップドライバーに岩澤優吾を選出したことを発表した。

 高木の愛称である“バイオニック・ジャック”を冠したチームは、2018年シーズンよりFIA-F4選手権に参戦を開始。2018年、2019年の2シーズンは石坂瑞基を起用し、走行データやノウハウを蓄積しながらレースへの参戦を続け、表彰台に上がれるまでの実績を積み上げてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン