サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バサースト初参戦のマクラーレン720S、2位獲得表彰台は「奇跡」とブロンクビスト

ここから本文です

バサースト初参戦のマクラーレン720S、2位獲得表彰台は「奇跡」とブロンクビスト

バサースト初参戦のマクラーレン720S、2位獲得表彰台は「奇跡」とブロンクビスト

 元BMWワークスドライバーのトム・ブロンクビストはマクラーレンのカスタマチーム、59レーシング/EMAレーシングの60号車マクラーレン720S GT3が2月2日に、オーストラリアで行われたリキモリ・バサースト12時間レースで表彰台を獲得したことを「奇跡」のようと語った。

 2019年末までBMWに所属していた彼は今シーズン、アストンマーティンの準ワークスとも言えるRモータースポーツに加入。アストンマーティン・バンテージGT3でGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ(旧ブランパンGTシリーズ)を戦っていく予定だ。

ブランド史上初、ベントレー7号車がバサースト12時間&IGTC初優勝! GT-Rは健闘実らず

 そのRモータースポーツも出場したIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジの開幕戦バサースト12時間の決勝レースが2日、マウント・パノラマ・サーキットで行われ、ブロンクビストはベン・バーニコート、アルバレ・パレントとともに60号車マクラーレン720S GT3で参戦し総合2位表彰台を獲得した。

 しかし、この結果にたどり着くまでの道のりは険しく、30歳のイギリス人ドライバーはチェッカーを受ける直前まで熾烈な表彰台争いを繰り広げることになった。

 クラッチトラブルと格闘しながらの戦いとなったマクラーレンは計2回のペナルティを受け、一時はトップ10圏外にまでポジションを落とす。

 しかし、レース終盤にはふたたび上位に復帰すると、ファイナルスティントではダブルスティントで摩耗したタイヤと、ブレーキのトラブルにも悩まされるなかブロンクビストが粘走。ライバル車のアクシデントやペナルティにも助けられ、2位表彰台を手中に収めた。

「表彰台に立てるなんてまるで奇跡のようだ。正直なところ、こんな結果になるとは思っていなかったよ」とブロンクビストはSportscar365に語った。

「僕たちのクルマは(週末のイベントを進めるごとに)どんどん良くなっていった。チームメイトたちは720S GT3をよく知っていたけれど、僕はバサーストのコースもクルマも初めての経験するものだったから、この結果を期待することは到底できなかったよ」

 マクラーレンのチェッカードライバーを務めたブロンクビストは2番手で迎えた最後の1時間、メルセデス勢が自車の後方から追い上げてきたが、クルマの問題に対応することに手一杯で対応することができなかったという。

 そのため、彼のクルマはマーロ・エンゲル駆るメルセデスAMGチーム・クラフト・バンブー・ブラックファルコンの77号車メルセデスAMG GT3と、ラファエル・マルチェッロがドライブしていたメルセデスAMGチーム・グループM・レーシングの999号車メルセデスAMG GT3に交わされ表彰台圏外へと追いやられてしまう。

 しかしその後、エンゲルとマルチェッロのマシンに右リヤタイヤのパンクが発生したことで2台が後退。マルチェッロは再度60号車マクラーレンをパスして2番手でフィニッシュしたものの、タイヤ交換時のピット作業中に違反があったためタイム加算ペナルティを受けることに。その結果、59レーシング/EMAレーシングが優勝したベントレーに次ぐ総合2位表彰台を手にすることになった。

■優勝したベントレーチームよりも2分長くピットにいた

「とても難しいレースだった。克服しなければならない問題がたくさんあり、そのうちのひとつがクラッチだったんだ」とブロンクビスト。

「ピットインした際にクラッチがとても熱くなっていてクルマを動かすことができなかった。一度、システムのスイッチを入れたり切ったりしなければならず、ピットレーンのスピードリミッターが掛かっていない状態で再スタートしたため、速度違反のペナルティを受けてしまった」

「また、アルバロ(・パレンテ)が乗っていた際のドライブスルーではクラッチを切る必要があった。僕たちはこのレースのウイナーたちよりもピットで約2分多く過ごしたと思う」

 レース終盤、表彰台圏内を走行していたマクラーレンはピット滞在時間を短くするため、タイヤ交換を行わず古いタイヤでブロンクビストをコースに送り出した。

 このスティントについて、ブロンクビストは「精神的に追い詰められるものだった」と述べている。

「僕たちが順位を守るための唯一の方法が(最後の1時間を)古いタイヤで走り切ることだった。しかし、マーロ(・エンゲル)はすぐに追いついてきた。新しいタイヤを履く彼のペースとは対照的に、僕たちのクルマはペースが上げられなかったんだ」

「それからしばらくして、クルマが大きな振動を拾うようになった。同時に77号車メルセデスと999号車メルセデスがタイヤを駄目にしたのを見てチームはとても緊張していたよ」

「それでも僕たちはレースを進め、最後は生き残ってフィニッシュラインを跨ぐために最後はペースを遅らせる必要があったんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します