サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1代表、フェルスタッペンに接触しているという報道を一笑「我々は自チームのドライバーに注力している」

ここから本文です
 メルセデスF1代表のトト・ウォルフは、彼がレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンにたびたび電話をかけているという報道について、マックスと彼の父親であるヨスとともに大笑いしたと語っている。

 ドイツの『Auto Bild』誌は最近、レッドブル・ホンダのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコの発言を引用し、この数カ月間ウォルフが頻繁にマックスとヨスに連絡をとっていると報道した。メルセデスはマックスとレッドブル・ホンダの状況について、注視しているのだという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン