サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 長距離出張も快適 スコダ・スパーブ2.0 TDIエボ 試乗 MQBプラットフォーム採用

ここから本文です

欧州では82%が企業による購入

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)3代目スコダ・スパーブがフェイスリフトを受けた。スパーブは優れた実用性と快適性を備え、欧州では空港と都市を結ぶタクシー・ドライバーや営業部門の幹部などからの支持は高い。一般からの購入は少ないようにも思われるが実際は悪くないビジネスで、2018年の欧州での販売台数のうち、社用車など企業による購入の割合が82%にも及んでいるという。

【画像】スコダ・スパーブとオクタビア 全45枚

モデル中期となる2019年に施されたフェイスリフトも、ビジネスユーザーをターゲットにしたものだといえそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ