サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブリヂストン、国内で再度生産調整 自動車用は7工場 コロナでタイヤ需要減

ここから本文です

 ブリヂストンは、自動車用タイヤを生産する国内7工場で生産調整を実施すると発表した。期間は28日から6月1日までの5日間。新型コロナウイルス感染拡大の影響で新車販売が落ち込み、タイヤ需要も縮小しているため。

 休業するのは国内12工場。そのうち自動車用タイヤを生産するのは、久留米工場(福岡県久留米市)、那須工場・栃木工場(栃木県那須塩原市)、彦根工場(滋賀県彦根市)、鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)、甘木工場(福岡県朝倉市)、防府工場(山口県防府市)の7工場。

ブリヂストン、自動車タイヤなど国内11工場の生産停止 コロナで需要減

 新型コロナウイルスの影響で、新車用タイヤ、市販用タイヤともに需要が落ち込んでいる。

おすすめのニュース

サイトトップへ