サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > プーチン擁護のバーニー・エクレストンにF1が反応。元最高責任者のコメントは「F1の価値観とは真逆」

ここから本文です

 かつてF1の最高責任者を務めるなど、長らくF1の重鎮として君臨したバーニー・エクレストンは先日、イギリスITVの番組の中で、ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアのウラジーミル・プーチン大統領を擁護するような発言をし、波紋を広げた。

 現在91歳のエクレストンはインタビューの中で、「それでも私は彼(プーチン)のことをかばうだろう。痛みを受けないに越したことはないが、それでも私は盾になる」と発言。なぜそう思うのか問われたエクレストンはさらにこう続けた。

■「黒人の方が差別的」エクレストン”F1元名誉会長”が問題発言。F1は不支持を表明

「彼が一流の人間だからだ」

「彼は自分のしていることが正しいことだと信じている。

おすすめのニュース

サイトトップへ