サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE、エネルギー切れ続出の前戦を踏まえセーフティカー時のルールを微調整

ここから本文です
 FIAは、フォーミュラEバレンシアePrixで批判を浴びた大量リタイアや失格が再び起こらないよう、レギュレーションをアップデートした。

 フォーミュラEは第5・第6戦バレンシアePrixとして常設サーキットのリカルド・トルモ・サーキットでレースを行なったが、第5戦はセーフティカー(SC)が5度導入される荒れた展開となり、最終的に5台が使用可能エネルギー量を超過して失格、さらに3台がコース上で停止するという前代未聞の事態となり、物議を醸した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン