サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンのレーシングディレクター、ブーリエが辞職。ド・フェランが新設スポーティングディレクターに

ここから本文です
 マクラーレンは4日、レーシングディレクターのエリック・ブーリエが辞職したことを明らかにし、上層部の体制変更を行うことを発表した。

 マクラーレン・レーシングのチーフエグゼクティブ、ザック・ブラウンが、3日付けでブーリエの辞職を受理したということだ。さらに技術部門の改変についても発表された。マクラーレン・レーシングのCOO、サイモン・ロバーツが製造、エンジニアリング、ロジスティクスの監督を行い、アンドレア・ステラがパフォーマンスディレクターとして、トラックサイドオペレーションの責任を担う。ジル・ド・フェランは新設されたスポーティングディレクターのポジションに就くことが決まった。

おすすめのニュース

サイトトップへ