サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール「トリッキーなコンディションで走るのは大好き。速さを感じた」フェラーリ/F1第3戦金曜

ここから本文です
 2021年F1ポルトガルGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=4番手(1分19秒884/27周)/2=7番手(1分20秒360/33周)だった。どちらのタイムもソフトタイヤで記録している。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール フリー走行1=4番手/2=7番手
 とてもいい初日だった。走っていて楽しかったよ。路面がとても滑りやすく、風が強くて、トリッキーな状況だった。こういうコンディションで走るのは本当に楽しい。常に限界の状態で走るのが、僕は本当に好きなんだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン