サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 未来のF1マシンは電気自動車? 7年目を迎える「フォーミュラE」レースの実状と展望

ここから本文です

未来のF1マシンは電気自動車? 7年目を迎える「フォーミュラE」レースの実状と展望

フォーミュラカーの「E」と「1」の違いとは

 日本ではまだ開催されていない電気自動車レースのフォーミュラE選手権。今シーズンは例年のように、昨年末に開幕し10数戦をこなして7月に最終戦となるスケジュールで、初開催から6年目のシーズンだ。

電子制御からEVシステムまで、20年で劇的進化を遂げたクルマの技術とは

 7年目の2020-2021年シーズンは、FIAにより世界選手権となる。電気自動車レース界のF1と言われるように、見てくれはまさにF1のようで、気にならざるを得ないレースマシンだが、違いは何なのだろう? まずは、モーターレーシングの最高峰がF1(Formula One)であることを頭に入れて、両者を比べてみたい。

参加門戸を広げるF1より低めの予算設定

 F1がレース界の最高峰イベントであるのは、資金のかかり方が圧倒的だからである。メルセデスやフェラーリ、レッドブルなどのトップチームの年間予算は、ざっと400億~500億円と言われる。他のレースカテゴリーに比べて、車両規則の制限が緩く、テクノロジーの粋を尽くして開発できるから金がかかる。作家の村上 龍さんが、マクラーレン・ホンダが活躍していた1989年にイギリスGPをコーナーで見物して一言、“金がかかってる音がする” 。さすがの名言だ。

 対するFormula E(FE)は、F1に比べると、テクノロジー開発の予算を制限していることもあって、F1に比べるとだいぶおとなしい。これは、いうまでもなく参加者の幅を広げるためだが、その効果の現れとして、2014年のこけら落とし大会であった北京から、盛り上がりを見せている。

 往年の名ドラーバーA・プロスト、M・アンドレッティも関わっているヨーロッパ、アメリカチームを始めとし日本、中国、インドのチームも加わり10数チームが参戦を続けている。アウディ、BMW、ルノーや、昨年からはメーカーとして日産も参戦を始めている。

 イベントのスポンサーとして、ミシュラン、タグホイヤー、BMW、サウディア航空、ボッシュ、ヒューゴBOSS、ハイネケン、モエ・シャンドンなど、名だたるグローバル企業がサポートに名乗りを挙げていることも特筆しておくべきだ。ちなみに、FEのEはElectricのE、要するに電気自動車のフォーミュラカー、未来的という意味では、ある意味野蛮なF1より将来性を感じさせるのかもしれない。

市街地レースのみにして”速さ”を演出

 現状でのマシンポテンシャルでいえば、F1の圧勝だが、FEはさまざまな工夫で、スピードを“演出”している。

 例えば、FEのレース会場は、すべて市街地。周辺にホテルなどのファシリティが充実している場所で行なわれ、参加も見物も手軽。F1は自分のチームのマシンを制作して参戦することが義務づけられているが、FEは、主催者がマシンを用意して各国に運び、チームは現場でマシンを受け取って闘う。

 コースは、よくみると幅が狭いが、これは観る立場からの視点で、スピード感を増すため。狭いと走りの難易度は当然高くなるが、リスクを高くして闘いのレベルを上げる工夫の現れだ。

 現在は主催者から与えれらるマシンを使うが、こちらも進化して現在は第二世代になっている。

 また競技においては、コース途中に、バッテリーをチャージできるポイントがあり、そこを通過すると、一定量のバッテリーチャージができるが、ちょっと意地悪な場所にあるポイントを通過しなければならず、これもひとつの見どころになっている。

 独自なものとしては、観客の投票によって、レース中にマシン戦闘力を高めるバッテリーの使用制限が緩められるシステムもあるなど、観客参加型レースのような新しいものがある。

 いろいろと創意工夫が盛り込まれているレースだが、モーターやバッテリーのポテンシャルを高め、最終的には各チームがF1のようにコンストラクターとして、ゼロからマシンを用意して闘う形にすることになっている。その途上でもあるので、これからの進展が楽しみなレースである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します