サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 未だ無得点シューマッハー、予選6番手からリタイアもモチベーションに変化なし「きっとチャンスは巡ってくる」

ここから本文です

 ジル・ビルヌーブ・サーキットで行なわれたF1カナダGP。ハースのミック・シューマッハーはまたも入賞の機会を逃す結果になったが、モチベーションは失っていないと語っている。

 シューマッハーはカナダGPの予選Q3でチームメイトのケビン・マグヌッセンに次ぐ6番手を獲得。自己最高グリッドから決勝レースに望んだものの、7番手走行中の18周目にパワーユニット(PU)のトラブルが発生した。

■シューマッハーに足りないのは”バランス感”。ハース代表、クラッシュは厳禁だが「F1はパフォーマンス主義だ」

 これによりシューマッハーはリタイアを余儀なくされ、またも無得点に終わった。

おすすめのニュース

サイトトップへ