サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】中量級2年目の小椋藍「今年の目標はトップ3入り」上位陣”昇格済み”で挑む2年目、結果に意気込み

ここから本文です

 2021年にロードレース世界選手権(MotoGP)のMoto2クラスへとステップアップした小椋藍(Idemitsu Honda Team Asia)。彼は2022年シーズンの目標について、トップ3入りだと語っている。

 小椋は2021年のMoto2にルーキーとして臨むと、経験不足による浮き沈みはあったものの、時折上位陣に匹敵する速さを見せた。そしてオーストリアGPでは初表彰台をマークし、ランキング8位でルーキーイヤーを終えた。

■小椋の”師匠”青山博一「タイヤへの理解深まれば、チャンピオン争いはできるはず」

 2022年シーズンが近づくなかオンラインでの取材に応えた小椋は、自身の目標がトップ3に入ることだと語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ