サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WSBK】ジョナサン・レイ、王座陥落し連覇記録途絶えるも「悔いはない」新王者ラズガットリオグルを称賛

ここから本文です
 11月21日にスーパーバイク世界選手権(WSBK)2021年シーズン最終戦となる、インドネシア戦がマンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキットで行なわれ、Pata Yamaha with Brixx WorldSBKのトプラク・ラズガットリオグルがタイトルを獲得。カワサキのジョナサン・レイは、連覇記録を伸ばすことができなかった。

 2015年にカワサキに加入して以来、WSBKに王者として君臨し6連覇という前人未到の実績を残してきたレイ。しかし今シーズンは苦しい戦いが続き、かつてはチームメイトでもあったラズガットリオグルに先行を許してしまう形となっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ