サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 美しきF1マシン:「アイルトン・セナ、最後の優勝車」マクラーレンMP4/8

ここから本文です

美しきF1マシン:「アイルトン・セナ、最後の優勝車」マクラーレンMP4/8

美しきF1マシン:「アイルトン・セナ、最後の優勝車」マクラーレンMP4/8

 1993年のF1グランプリを戦った1台のマシン、マクラーレンMP4/8。このマシンもまた、実に美しいF1マシンである。

 紅白で塗り分けられたそのカラーリングもさることながら、当時のトレンドであるハイノーズを採用。これはマクラーレンにとっては”二代目”のハイノーズマシンということになる(ハイノーズとはいえ、ベネトンなどに比べればかなり低いが……)。

■エクレストン、セナのマクラーレンMP4/8を購入。落札額5億超え

 エンジンは前年までのホンダV12から、コンパクトなフォードHBへと変更。マシン自体もコンパクトになった。ただこれは、マクラーレンが求めたモノではない。ホンダを失ったマクラーレンは、他の自動車メーカーからエンジンのワークス供給を受けようと試みたがこれは実現せず、当時多くのマシンが使っていたフォードHBを搭載したのだ。しかもフォードはすでにベネトンとワークス契約を結んでいたため、マクラーレンはカスタマー契約……しかしアイルトン・セナの活躍もあり、ブラジル、ヨーロッパ(伝説のドニントン!)、モナコと勝利し、イギリスGPからはワークス契約となった。

 ドライバーは、シーズン開幕当初はセナと、マイケル・アンドレッティのコンビ。セナは前述の通り勝利を重ね、当時最強と謳われていたウイリアムズ(アラン・プロスト&デーモン・ヒル)を苦しめるも、アンドレッティはF1に馴染むのに苦戦。終盤3戦はミカ・ハッキネンがドライブしている(本来はアンドレッティとハッキネンのコンビでシーズンを戦う予定だったが、セナが1戦ごとの契約ではあったもののチームに残留し、ハッキネンがシートを”奪われる”ことになってしまったのだった)。

 またアクティブサスペンションやセミ・オートマチックギヤボックスなど、ハイテクデバイスも多数搭載していた。

 結局、ポールポジション獲得数こそ1回のみだったものの、セナの手により5勝(ちなみに前年は3勝)。雨のヨーロッパGPで、他者をごぼう抜きにした伝説のドニントンパークでのレースは、あまりにも有名である。また、この年の最終戦オーストラリアGPが、セナのF1での最後の勝利ということになった。

 なおこのスタジオショットは、2018年にオークションに出品されたシャシーナンバー6。セナが最後のモナコGPを勝った際に乗っていたマシンだ。落札したのは元F1のトップ、バーニー・エクレストンだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します