サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ル・マンで発生の問題は解消。トヨタ、WECバーレーン2連戦でハイパーカー時代の初代王者獲得へ

ここから本文です
 WEC世界耐久選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、4年連続でル・マン24時間レースを制した後、約2カ月のインターバルを挟んで行われる2021年シーズン終盤の“バーレーン2連戦”に臨む。小林可夢偉組の7号車と中嶋一貴組8号車、2台のトヨタGR010ハイブリッドでハイパーカークラスに出場する同チームは、第5戦でのチームタイトル獲得、ならびに最終戦でのドライバーズタイトル獲得を目指して戦っていく。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン