サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > LEVCジャパン、新型ロンドンタクシーは電動車 2月発売

ここから本文です

LEVCジャパン、新型ロンドンタクシーは電動車 2月発売

 中国ジーリー(吉利)ホールディングス傘下のタクシーメーカーの日本法人、LEVCジャパン(小原学代表取締役、東京都渋谷区)は10日、都内で新型ロンドンタクシー「TX」を発表した。ロンドンタクシー初の電動車両で発電用エンジンを搭載。快適な移動空間とタクシー車両に求められる耐久性の両立、電動化にともなう重量増を抑えることをねらい、航空機技術を応用した接着工法のアルミ製軽量車体を採用した。さらに車いす乗降用スロープを10秒未満で展開可能など、ユニバーサルデザインを追求した。受注は来月から、納車開始は6月を予定する。

 発電用エンジンは排気量1・5リットルの3気筒ガソリンで、駆動はすべて電気モーターで行う。チャデモ式の充電コンセントを備えるいわゆるプラグインハイブリッド車となっている。25分未満で80%の充電ができる。

UDタクシー実態調査、乗車拒否3割にも

 車両サイズは、全長4855ミリメートル、全高1880ミリメートル、全幅2036ミリメートル。最小回転は約4メートルで小回りが利く設計とした。

 ロンドンタクシーの伝統である「ファーストクラスの移動空間」の実現を目指し、車内に積極的に自然光を取り入るデザインとした。インターフォンシステムを搭載して乗客がプライバシーを確保しつつ、ドライバーと確実にコミュニケーションできるようにした。

 来日したLEVCのヨーグ・ホフマンCEOは「昨年に世界初となる電動タクシー『TX5』を発表した。私たちはタクシーを作る会社から電動自動車を作る企業へと変化したのだ」とEV市場への参入に意気込んだ。

 主要グレード「TX VISTA Comfort Plus」を東京都で営業用車両として登録した場合、補助金適用後の価格は756万円(消費税込み)。トヨタ自動車「ジャパンタクシー」の2倍強となるが、快適な移動空間やEVという先進性をアピールして、高級車を求めるハイヤー会社などの需要開拓を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します