サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > やっぱりメルセデスに死角なし。ホイールベースの長さから来る昨年までの”弱点”を今季は解消……ハミルトン「もう問題はない」

ここから本文です

やっぱりメルセデスに死角なし。ホイールベースの長さから来る昨年までの”弱点”を今季は解消……ハミルトン「もう問題はない」

やっぱりメルセデスに死角なし。ホイールベースの長さから来る昨年までの”弱点”を今季は解消……ハミルトン「もう問題はない」

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、チームが昨年まで抱えていた”ホイールベースが長い”ということに起因する弱点が、今季は払拭されているという。それが、2020年の圧倒的強さに繋がっているようだ。

 メルセデスはここ数年、他チームと比較してホイールベースの長いマシンを登場させてきた。ホイールベースが長いということは、気流の影響を受けるボディワークの表面積が増えるということになるため、ダウンフォースを稼ぎやすいというメリットがある。しかしその一方で、ホイールベースが短いマシンと比較すれば、コーナーでの軽快さに欠けるというデメリットも生じる。

【F1メカ解説】大荒れトルコで明らかになった、各F1チーム”ヒミツ”の空力

 メルセデスは、ホイールベースを長くする現在のコンセプトが、現行レギュレーション下で最適な解決策であると信じてきた。しかしその一方で、コーナリングの難しさを克服するために、懸命に戦ってきたという。

 同チームのドライバーであるルイス・ハミルトンは、ライバルチームがメルセデスのコンセプトに追従しなかったことに驚いているという。そしてチームは開発の結果、弱点となるエリアを一掃することにも成功したという。

「例えば去年のマシンの中では、僕たちのマシンが最も長かった」

 ハミルトンはそう語った。

「でも他のどのチームも、ホイールベースを延ばすことはしなかった。それには間違いなく、少し驚かされた」

「2017年以来、僕らはホイールベースの長いマシンで勝ってきた。ライバルたちは、ホイールベースを短くするというやり方に固執してきたと思う」

「ホイールベースが長いおかげで、大きなダウンフォースを手にしている。でも、ショートホイールベースのマシンと比べれば、コーナーでの軽快さはない。去年、僕らのマシンは中速コーナーと高速コーナーでは速かったが、低速コーナーでのパフォーマンスはかなり悪かった。マシンが思うように旋回してくれなかったんだ」

「今年の冬にテストを始めた時、マシンのキャラクターは同じようなモノだった。マシンのセットアップの方向性について、いくつかの課題を抱えていたけど、それを変更したんだ。口で言うのは難しい。去年はマシンを旋回させるのが難しかったけど、今ではもうその問題は存在しないんだ」

 ハミルトンは自分自身について、マシンのフロントエンドの応答性が高いことを好むドライバーだと分析する。それは最近のメルセデスのマシン特性とは一致しない。今季に向けてはこの特性を修正しつつ、マシンの軽快な旋回性という問題にも対処できたとハミルトンは明かす。

「僕はより応答性の高いフロントエンドが好きなんだ」

「しかし、タイヤには限界がある。グリップの面では、フロントにもリヤにも限界というモノがあるんだ。入力に応じて変化しない時もあるし、発熱による劣化もある……一方に影響を及ぼそうとしても、メカニカルバランスでできるのは限られたことだけだ。シーソーのようなモノなんだよ」

「去年の僕らのマシンは、リヤエンドが強みだった。基本的には、リヤでコントロールしていたようなモノだ。フロントについては、アンダーステアだった。タイヤのグリップの限界を超えると、とても苦労することになった。リヤのメカニカルグリップをどれだけ調整しても、それが治ることはなかった。その分で、今年はいくつかの修正を加えたんだ」

「空力バランスを変えるなら、そのプロセスははるかに長くなる。ただ変更すればいいというわけじゃないんだ」

「僕らは冬の間にそれを修正し、エアロバランスをより後方に動かした。それにとってマシンは異なる形で反応し、これまでとは異なるステアリング角度、そして異なる旋回角度で動いた。だから間違いなく、はるかにうまく機能していると言える」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します