サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピエール・ガスリー、3位表彰台を得て最高の形で母国フランスGPヘ……「でもバクー好調の理由はまだ把握できていない」

ここから本文です
 2021年のF1アゼルバイジャンGPで3位に入ったアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、自身にとっての母国グランプリとなる次戦フランスGPでも、良い結果を残したいと語った。

 ガスリーはアゼルバイジャンGPの予選で4番手を獲得。決勝ではより後方からのスタートだったセルジオ・ペレス(レッドブル)とセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)には抜かれたものの、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の脱落にも助けられ、3位でフィニッシュした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン