サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ランボルギーニ、サーキット専用V12エンジン初披露。2020年発表のハイパーカーに搭載へ

ここから本文です

 ランボルギーニのモータースポーツ活動を担うランボルギーニ・スクアドラ・コルセは2月11日、イタリアのサンタアガタ・ボロネーゼにあるファクトリーで、最高出力830hpを誇る新型V12エンジンを初披露した。

 イタリアのスーパーカーブランドが公開したこのエンジンは、同社が2020年末にワールドプレミアを予定しているサーキット専用ハイパーカーに搭載されるもの。

ランボルギーニの手によって1992年のミナルディF1が復活! 26年ぶりにレース参戦へ

 そのスペックは一部のみが明らかにされ、排気量が6.5リットル、形式はV型12気筒の自然吸気であることが公になった。また、最高出力は前述のとおり830hp(約841ps)となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ