サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、メルセデスの”ロビー活動”を非難「チーム代表がスチュワードに働きかけるのはおかしい」

ここから本文です
 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPのオープニングラップで起きたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のクラッシュを巡る審議中に、メルセデスのトト・ウルフ代表がスチュワードと会話できたことに怒りを覚えているようだ。

 レースが赤旗中断となっている間、ウルフはF1レースディレクターであるマイケル・マシに『メールをしたから見てくれ』と無線で話し、チームの主張を伝えようとした。しかしマシは、審議をするのは自分ではないため、スチュワードと話すようウルフに伝えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ