サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、ルーキードライバーの金曜起用を義務化へ。若手にチャンスを与えるため2022年一部グランプリで実施の計画

ここから本文です

 F1は、2022年には、一部グランプリの金曜フリープラクティス1回目に若手ドライバーを走らせることを全チームに義務付ける計画を進めている。

 主にパンデミックの影響で、2020年以来、F1ではシーズン中テストが廃止された。そのため、ドライバー育成プログラムを持つチームが若手を現行F1マシンで走らせる機会が失われている。

FIAがアロンソのF1若手テスト参加を承認。ルノー、周冠宇との2人体制を発表

 この問題に対処するため、F1は、新レギュレーションによって、何戦かのウイークエンドで若手ドライバーを走らせる場を設けようとしている。対象となるドライバーの定義や、シーズンのなかで何回その機会が設けられるかについては、現在検討中ということだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ