サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”バトルの境界線”をめぐる話し合いはシーズン後も続く? サインツJr.「もっと深い議論を期待」

ここから本文です

 カルロス・サインツJr.(フェラーリ)は、物議を醸したF1サンパウロGPでのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のバトルを受けて、シーズンオフにもルールについて話し合いが行なわれると考えている。

 サンパウロGPで首位を争っていたフェルスタッペンとハミルトン。ターン4でアウト側からハミルトンがオーバーテイクを仕掛けると、イン側のフェルスタッペンがコースオフ。ハミルトンも押し出されるような形になった。

■メルセデスの”異常”なアドバンテージは見納め?

 レース中に審議が行なわれなかったため、メルセデスがFIAに再審を請求する事態となったが、これは却下された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ