サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マゼピン父、F1チーム買収は「まだ実現の可能性がある」と諦めず。息子ニキータのキャリアとは関係ないと主張

ここから本文です
 ドミトリー・マゼピンは将来F1チームオーナーになる野望を今も抱いているが、彼の計画は息子であるニキータ・マゼピンのF1キャリアとは関係がないという。

 ロシアの富豪であるマゼピンは、所有している肥料会社『ウラルカリ』によるハースF1チームへのスポンサーシップを通じて、ニキータのF1昇格を可能にした。2018年にはフォースインディア買収に乗り出したが、ローレンス・ストロール率いる投資家コンソーシアムに入札で負けてしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ