サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスW10とマシンが酷似のレーシングポイントF1、ハース代表から“口撃”受ける「彼らは以前、“コピーマシン”を批判していた」

ここから本文です
 カタルニア・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテストの初日では、レーシングポイントのニューマシン『RP20』が話題をさらった。その見た目が、メルセデスの2019年マシン『W10』に酷似していたからだ。

 レーシングポイントはフォースインディア時代に、ハースとフェラーリのマシンの類似性を指摘していたことがあり、ハースのような新興チームがF1で速さを見せるのは“魔法”のようだと揶揄していた。しかしながら、レーシングポイントは今回、2020年マシンの設計においてメルセデスのコンセプトに追随したことを認めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ