サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > かつては色々あったけど……フェルナンド・アロンソ「ホンダのF1離脱は残念」

ここから本文です

 2021年、F1ではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、7度の王者であるルイス・ハミルトン(メルセデス)を打ち破り、初の世界チャンピオンに輝いた。しかし、パワーユニット(PU)を供給するホンダは、昨シーズン限りでF1参戦を終了させている。

 かつて、F1第4期活動の前半となるマクラーレン・ホンダ時代にドライバーを務めていたフェルナンド・アロンソ(現アルピーヌ)は、今回のホンダのF1撤退を残念がっている。

■アロンソ、“GP2エンジン”発言は後悔も……「当時のホンダPUは酷かった」

 2015年、PU供給という形でF1に復帰したホンダ。しかしマクラーレン・ホンダの3年間は非常に厳しい状況が続き、両者はパートナーシップを解除。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン