サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、”奇妙な感覚”で攻めきれず。それでも「強力なレースができると確信している」|F1イギリスGP

ここから本文です

 F1第10戦イギリスGP予選で2番手となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、マシンの奇妙なフィーリングに悩まされたと振り返った。

 FP1では2番手以下に0.7秒の差をつけてトップタイムをマークしたフェルスタッペンだったが、予選Q2、Q3ではタイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)に及ばず。ハミルトンがF1初のスプリント予選レースをトップからスタートすることになった。

■予選トップタイムのハミルトン、当日朝の“念入り”シミュレーター作業が助けに

 フェルスタッペンは予選の間「どのコーナーも攻めきれなかった」と語ったが、その原因は分からないという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン