サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD予選後会見:4台の結果はポジティブ「一番悔しいのはメルセデスが1-2を独占したこと」

ここから本文です
 2021年F1第16戦トルコGPの予選は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)3番手、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)5番手、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)7番手、そして角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が10番手という結果だった。ホンダドライバー4人が全員Q3に進出したのは、7月の第9戦オーストリアGP以来となる。

 朝からの雨が残り、路面が徐々に乾いていく難しいコンディションの予選だったが、ホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターは、「その状況に足をすくわれず、不本意なポジションで予選を終えたドライバーがいなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ