サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テストの初日はウエットに。午前は大湯都史樹がトップタイム

ここから本文です
 全日本スーパーフォーミュラ選手権の鈴鹿合同テストは12月7日、三重県の鈴鹿サーキットでウエットコンディションのなかテスト1日目午前のセッション1が行われ、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が1分51秒935でトップタイムをマークした。2番手には関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、3番手にはサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)がつけた。

 シーズンオフ恒例の鈴鹿での合同テスト。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ