サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 完全復活まで、まだ長い道のりが残っているのは分かっている……マクラーレンF1の覚悟

ここから本文です

 今季のマクラーレンは、復調の兆しを見せている。

 中国GPはスタート直後に起きたクラッシュによりうまくいかなかったものの、第2戦バーレーンGPでは、クラッシュによりリタイアするまで、カルロス・サインツJr.はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに挑んでいた。

【F1通算1000レース特別企画】ニッポンのファンが選ぶ、思い出のF1レースベスト10

 2018年までと比較すれば、格段の進歩を遂げているように感じられる今季のマクラーレン。しかしスポーティング・ディレクターのジル・ド・フェランは、まだまだ安心できる状態にあるわけではないと語る。

「このマシンは、昨年までに比べて少し前進しているように感じる。

おすすめのニュース

サイトトップへ