サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > いすゞ、消防車の放水時CO2排出削減 電動モーター駆動の「スマートポンプ」開発

ここから本文です

いすゞ、消防車の放水時CO2排出削減 電動モーター駆動の「スマートポンプ」開発

いすゞ、消防車の放水時CO2排出削減 電動モーター駆動の「スマートポンプ」開発

 いすゞ自動車は8日、電動モーターで消防ポンプを駆動できる補助装置「スマートポンプ」を開発し、東京消防庁の水槽付き普通ポンプ車に採用されたと発表した。エンジンを停止した状態でも放水できるため、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するとともに夜間や早朝における消火活動の騒音を抑制できる。

 スマートポンプはいすゞグループのいすゞ車体(三井宏基社長、神奈川県藤沢市)が開発した。リチウムイオンバッテリーに蓄電した電力で電動モーターを動かして放水する。エンジンを停止した状態での放水可能時間は約1時間で、毎分300リットルを放水できる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します