サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【YAMAHA RZ250】Part 2「空前の大ヒットモデル"RZ"はどのように生まれたのか?」【心に残る日本のバイク遺産】-1980年-2サイクル250cc史 編

ここから本文です

【YAMAHA RZ250】Part 2「空前の大ヒットモデル"RZ"はどのように生まれたのか?」【心に残る日本のバイク遺産】-1980年-2サイクル250cc史 編

「正真正銘、ヤマハ最後の2ストロークスポーツ」
1957年に登場したYD1からスタートした、ヤマハ製の2スト250cc2気筒スポーツモデルの系譜は、60~70年代を通じてYDS~DS~RDへと進化を続け、その優れた性能によって日本国内はもちろん世界的にも高い支持を集めるようになっていく。

しかし60年代から問題になってきた自動車の排気ガスなどによる大気汚染によって、70年代に入ると北米を皮切りに排気ガス規制が本格的にスタート。

カワサキ「Ninja ZX-25R」を徹底解説! 復活を遂げた250cc・4気筒スーパースポーツの魅力とは?

さらに2回のオイルショックの影響もあって、パワーを犠牲にせずに排気ガス対策するのが難しく燃費も悪い、空冷2ストエンジンを搭載したスポーツバイクは急速に人気を失っていく。その結果70年代末に2スト・スポーツは風前の灯火と思われるようになっていた。

当時の空冷だったヤマハ製2ストスポーツのRDシリーズも例外ではなく、全盛期の人気は影を潜めていた。そんな状況の中、ヤマハはあえて「正真正銘、最後の2ストロークスポーツ」を開発するという決断をする。

2ストならではのシンプルなメカニズムで、2ストでなくては実現できない走りの爽快感、胸のすくような加速フィーリングを実現する。そんな2スト復権の切り札として開発されたピュアスポーツがRZ250だったわけだ。

世界中のサーキットで絶大な支持を集めていた2スト市販レーサー・TZ250の技術をダイレクトに取り入れ、エンジンの水冷化によってハイパワーと排ガス規制を両立させると共に、徹底的な軽量化も追求。

RDまでの長い歴史で培った優れたハンドリング、GKインダストリアルの手になるレーシーで美しいスタイルとも合わせて、究極の2ストと呼ぶにふさわしい高性能を実現する。

1979年の秋に9月のパリショー初公開されるや全世界で大きな反響を呼び、同年の東京モーターショーでも注目度ナンバー1。国内発売は1980年の8月からだが予約が殺到、販売店同士が割当を奪い合うほどの大人気となった。

さらに翌年には排気量を拡大したRZ350が追加され、ハイパワーなナナハンキラーとしてRZ人気がさらに加熱。消滅の危機に貧していたヤマハ2ストスポーツどころか、他メーカーの2ストスポーツの息をも吹き返させ、後のレーサーレプリカブームのきっかけにもなったRZ250。まさに歴史的な名車と呼ぶべき存在なのだ。

DETAIL
文:小松信夫

[ アルバム : YAMAHA RZ250 4L3(1980年)の写真を全て見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

RZ250の関連記事はこちら!
RZ250が詳しく乗っているMOOKはこちら!

日本のバイク遺産 2サイクル250cc史 (Motor Magazine Mook)
日本のバイク遺産 2サイクル250cc史 (Motor Magazine Mook)
posted with amazlet at 19.11.19

モーターマガジン社 (2017-08-31)
売り上げランキング: 191,767

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します