サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1シート失ったアルボン、“雑草魂”で這い上がれるか?「くよくよしても仕方ない。自分のできることをやる」

ここから本文です

 アレクサンダー・アルボンは今季、セルジオ・ペレスにレッドブルのF1シートを奪われる形となった。レッドブルは2021年シーズンにメルセデスとタイトルを争うにあたり、アルボンは必要なものを兼ね備えてはいないと判断したのだ。

 しかし、今季のアルボンにはリザーブ兼テストドライバーという役割が与えられているため、レッドブルの首脳陣を再び振り向かせるチャンスが彼にはある。

■レッドブル、コロナ禍でアルボンを”貸し出す”可能性認める「彼はまだ終わったわけじゃない」

 アルボンは先日、複数メディアのインタビューに応え、シート喪失の悲しみからはすぐに立ち直り、今の焦点はレッドブルまたはアルファタウリで復帰するためにできることをすることにあると語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ