サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが子どもに車を売る!? 園児向けにガチで作った車「相棒」とは

ここから本文です

ホンダが子どもに車を売る!? 園児向けにガチで作った車「相棒」とは

■子ども騙しじゃない!? ホンダアクセスが子ども用モデルをガチ製作

 ホンダの純正アクセサリーを企画・販売するホンダアクセスが、2020年1月10日から12日にかけて開催された東京オートサロン2020で、新たなコンセプトモデルを世界初公開しました。

ホンダ「究極のおにぎり」を発表 車メーカーが考案したおにぎりの全容とは

 モデルの名称は「AIBOU(相棒)」といい、そして対象年齢は幼稚園の年長から小学校中学年の子ども(5歳から10歳程度)だといいます。なぜ、ホンダアクセスは子ども向けのクルマを製作したのでしょうか。

 AIBOUの特徴は、ボディの外装にまるでビーチボールのようなビニール素材を採用したことです。車内と車外からの視認性が良く、しかも軽量。ドアはなく、ジッパーを開け閉めして乗り降りします。

 ボディの骨格はシンプルな構造のパイプフレームで、その周りに小さなビーチボール状の素材を連ねてチェーンのような形としており、衝突時の衝撃を和らげます。

 車内を見ると、シートはハンモックのようにフレームと結ばれているというシンプルさ。

 操縦については、四角いハンドルの上で、前後に移動するためのスイッチ、また前車に追従するためのACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)用スイッチを装備します。

 ハンドルの上には、家の形をしたオブジェ。「GPSを使ったジャイロとして、目的地の方向を常に向くという発想です」(開発担当者)。

 ボディ下部の動力系部分はEVで、「モンパル(ML200)」の部品を採用しました。つまり、モーター1基の後輪駆動で、最高速度は前進6km/h、後進2km/h、満充電での航続距離は約25kmとなります。

 モンパルとは、昨年(2019年)春までホンダが発売していた、ハンドル式電動車いすです。高齢者向けの移動手段として普及してきましたが、現在は本田技術研究所が次期モデルの開発を進めているといわれています。

 ハンドル式電動車いすは、道路運送車両法上、クルマに属さず、また道路交通法上では運転免許が必要とされていません。

 AIBOUは、次期モンパルシリーズのひとつとして、量産されるのでしょうか。それとも、こんなオモチャのようなクルマは、あくまでもショーモデル止まりで、量産などあり得ないのでしょうか。

 しかし、驚くことにホンダは、本気でこうしたクルマの量産を十分に視野に入れているのです。

■幼稚園児にホンダの本気を見せたい! 子ども達に向けた提案とは

 AIBOUに関する資料では「子どもの秘密基地として、自分で操り、動き、外の出来事にふれて自分の世界を広げる楽しさを提供したい」と書かれています。

 また、コネクテッド技術によって、動きながら家族や友達と心のつながりも広げることもできる、としています。そうした、「ファーストホンダ(初めてのホンダ)」がAIBOUなのです。

 ホンダアクセス代表取締役社長の白土清成氏は「将来のホンダユーザーになっていただくため、こうした試みはとても大切」と、AIBOUが決してショーモデルではないことを示唆しました。

 白土社長は、ホンダの2代目「N-BOX」の開発統括者を経て現職にあり、ホンダのクルマ作りに精通している人です。

 今回のオートサロンで、ホンダアクセスのブースは、過去・現在・未来を表現。

 過去は、1997年のEK9シビックを使った「シビック サイバーナイト ジャパン クルーザー2020」、現在は「S2000 20th アニバーサリー プロトタイプ」、そして未来を描くのがAIBOUの役目です。

 AIBOUの周りには、小さい子ども連れの家族が、実際に子どもをAIBOUに乗車させている光景も数多く見られました。子どもたちは素直に喜び、ファーストホンダを満喫している様子でした。

 一方で、AIBOUを真剣な目で見るスーツ姿のサラリーマンたちも大勢いました。近年、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)という観点で、自動運転や小型移動車に関して産学官のさまざまな分野で議論が進んでいます。

 そのなかで、子どもがクルマを使った自主的な移動についても考察されることがあるのですが、実際に子どもが公道で走行可能なクルマを自動車メーカーや自動車部品メーカーが提案することはありませんでした。

 そのため、AIBOUに関して、多方面から関心が集まるのは当然です。

 ここでキーポイントとなるのが、AIBOUを世に出す場合、どのような流通系統を使うかです。

 ホンダアクセスのブース内で、同社関係者数人に聞いてみたところ「ディーラーのような一般的なクルマの販売ルートではないのではないか」、「販売ではなくシェアリングなどのサービスが向いているのではないか」という意見がありました。

 ホンダは2019年4月に、それまでのモンパルを含むパワープロダクツ事業とロボティクス事業を融合させた、ライフクリエーションセンターを新設しています。AIBOUは、まさにホンダにおけるライフクリエーションの一部になり得ると感じます。

 近いうち、AIBOUを実際に活用した社会実証をおこない、早期の量産化に結びつくことを期待したいと思います。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します