サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ジャック・ミラー、決勝でロングラップペナルティが決定。FP4黄旗中の転倒が原因

ここから本文です

 MotoGP第10戦ドイツGPで、ジャック・ミラー(ドゥカティ)はロングラップペナルティを科されることが決まった。

 ミラーはドイツGP2日目のFP4で、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が転倒して黄旗が出されていた際に同じターン13で転倒。これが審議対象となっていた。

■絶好調バニャイヤ、今季3度目のPP獲得! クアルタラロがドゥカティ食い破り2番手|MotoGPドイツ予選

 幸いにも、ミラーが転倒した時にはエスパルガロのクラッシュの処理は終了しマーシャルも退去していたため大事になることはなかったが、審議対象となることは逃れられなかった。

 通常、この種の違反にはグリッドペナルティが科されることが多い。

おすすめのニュース

サイトトップへ