サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1運営のフォーミュラワン・グループもスタッフの約半数を一時解雇へ。コスト削減でコロナ乗り切りを図る

ここから本文です

 2020年のF1は新型コロナウイルス(COVID-19)流行の影響を受け、レースは延期と中止が続き、今も再開を待つ状況にある。

 レースの行なわれない状況では、各チームはスポンサーフィーや分配金などを受け取れないため、財政的な危機に直面している。そのためマクラーレンやウイリアムズは既にドライバーの賃金カットや、スタッフの一時解雇を実行。コストの削減に努めている。

■F1はコロナ危機を乗り越えられるのか? 投資格付けムーディーズ評価は“B2”

 そしてそれはF1を運営するフォーミュラワン・グループにとっても例外ではない。彼らも参戦チームと同じように、スタッフの約半数を一時解雇し、上級スタッフは20%の賃金カットを受けることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ