サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ’20ヤマハTMAX560/TMAX Tech MAXは排気量アップで走りを強化!

ここから本文です

’20ヤマハTMAX560/TMAX Tech MAXは排気量アップで走りを強化!

排気量を562ccに拡大して走りを強化

より素早くスポーティに、そしてダイナミックなパフォーマンスを発揮する方向で開発が進められたヤマハTMAXの7代目・’20年型が姿を現した。基本となる部分は6代目をベースにしつつ、ボア拡大で562ccとなったエンジンはMAX45.9psから47.6psへとアップ。また、伝達能力を向上させた新しいCVTベルトが全体的な乗り心地向上に貢献してもいる。

2020新型はTMAX560に排気量アップ! リヤまわりのデザインも刷新

ラグジュアリーな6代目からスポーツ度アップの7代目へ

’01に初代が登場してから20年という節目を迎えたヤマハTMAXが7代目となった。今回は自ら切り拓いだビッグスポーツスクーターというセグメントをさらに強化するために、より素早くスポーティに、そしてダイナミックなパフォーマンスを発揮する方向で開発が進められた。

基本となる部分は6代目をベースにしつつ、エンジンはボアを2mm広げて排気量+32ccの562ccへと拡大。最高出力を3.5%、最大トルクを6%も向上させることに成功して、力強いキャラクターを手にすることとなった。

しかも、ユーロ5対応ということで吸気バルブ拡大や吸排気のバルブタイミングおよびインジェクターの位置変更で燃焼効率を向上。キャタライザーをエキゾーストシステムの前後に2か所設置して排ガスを浄化し、クリーン性能も高めている。また、伝達能力を向上させた新しいCVTベルトが全体的な乗り心地向上に貢献。減速比と自動変速特性も変更されて、鋭い加速性能と同時に通常の巡航速度範囲でのより滑らかでリラックスな走りを両立させた。トラクションコントロールや前後サスペンションのセッティングも見直された。

スタイリング面では、パッセンジャーの乗り降りを楽にすべくテールまわりをスリム化。「T」を表す新形状になったテールランプやLEDとなった新型ウインカーも新たに得た。従来型はSTDとSX、電動スクリーン付きのDXに分かれていたが、今回はSTDとDXに相当するTech MAXが設定。電動スクリーンやクルーズコントロール、グリップ&シートヒーター、リヤサスアジャスターなどが装備され、従来のDXに相当する上級版だ。そちらはGPS機能のある「MyTMAXコネクト」にも対応する。

関連記事リンク

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します