サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ「e-Let's」「e-Let's W」【世界の電動2輪車図鑑 Vol.1】

ここから本文です

スズキ「e-Let's」「e-Let's W」【世界の電動2輪車図鑑 Vol.1】

純粋なモーターサイクルのEV(電動車)のみ・・・ではなく、ハイブリッド車そのほか様々な古今東西の「ローエミッション」な2輪車を紹介する連載企画。今回はかつてスズキから製造販売されていた電動スクーター、スズキ「e-Let's」「e-Let's W」をご紹介します。
文:宮﨑健太郎(ロレンス編集部)
※この記事は「ロレンス」で2021年5月11日に公開されたものを転載しています。

実証実験を経て、2012年1月に発売!
スズキの電動スクーター「e-Let's」(イーレッツ)は、2011年末に発表されたモデルで、2012年1月9日より「e-Let's W」とともに発売されました。

【原付二種のカブを比較】乗り味・燃費・装備・価格を比べてみた!

ベースになったのはICEVの「レッツ4バスケット」で、従来の内燃機動力のスクーターからの乗り換えも違和感なくできるように作られており、その車両重量は「レッツ4バスケット」より2kg軽くなっていました(装備重量72kg、専用充電器を除く)。

e-Let'sとe-Let's Wの違いは・・・車両そのものの違いではありません。標準のe-Let'sはシート下に着脱式のリチウムイオンバッテリー1個と専用充電器を装備しますが、Wは航続距離を伸ばすためにバッテリーを2個搭載した仕様になっていました。

なおスペアバッテリーの価格は88,000円(税込)。e-Let'sとe-Let's Wの価格差は84,000円(税込)ですから、後からスペアバッテリーを購入することを考える人の場合、Wを購入した方がちょっとお得ということでした。

残念ながら、すでに廃盤となってしまいました・・・
バッテリーは満充電で30kmの航続距離(30km/h低地走行テスト値)で、残量ゼロから満充電までは専用充電器で約4時間。一般家庭用AC100V電源から充電でき、充電電流は5Aと家庭用配線への負荷を抑えた設計になっていました。

残念ながらe-Let'sはカタログ落ちして久しいですが、今年・・・2021年3月には国内4メーカーによる「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」の、交換式バッテリーとそのバッテリー交換システムの標準化(共通仕様)が合意に至ったわけですから、その共通仕様を採用し近い将来e-Let'sの後継機種が登場するかもしれません。その実現の日を、楽しみに待ちたいです。

スズキ e-Let's / e-Let's W 主要諸元
型式 ZAD-CZ81A
全長 / 全幅 / 全高 1,665mm / 600mm / 985mm
軸間距離 1,150mm
最低地上高 130mm
シート高 695mm
装備重量 72kg
一充電走行距離 30km(30km/h定地走行テスト値)
最小回転半径 1.8m
原動機型式 Z801
原動機種類 交流同期電動機
定格出力 0.58kW
最高出力 1.7kW〔2.3PS〕/ 2,050rpm
最大トルク 15N・m〔1.5kgf・m〕/ 350rpm
バッテリー種類 リチウムイオン電池
バッテリー電圧/容量 50.4V-14.2Ah(5h)
充電時間 約4時間
バッテリー充電電源 一般家庭用 AC100V(単相)
フレーム形式 パイプアンダーボーン
キャスター/トレール 25°50′/ 62mm
ブレーキ形式(前/後) 機械式リーディングトレーリング
タイヤサイズ(前/後) 80/90-10 35J
舵取り角左右 45°
乗車定員 1名
メーカー希望小売価格 e-Let's ¥312,900 e-Let's W ¥396,900



文:宮﨑健太郎(ロレンス編集部)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します