サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ勢は2列目から勝利を狙う。田辺TD、14番グリッドの角田に「アグレッシブな走りを期待」/F1第3戦予選

ここから本文です

 2021年F1ポルトガルGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは4番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは9番手、角田裕毅は14番手という結果だった。

 ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車の3台がQ3に進出し、2台がグリッド2列目を確保。ガスリーは6戦連続で予選トップ10に入った。

角田裕毅14番手「ソフトタイヤがまるでハードのようにグリップせず厳しい予選に。決勝で追い上げたい」/F1第3戦

 Q3でフェルスタッペンは最初のアタックで1分18秒209を記録しトップに立つが、ターン4でのトラックリミット違反によりこのタイムは取り消された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン