サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > BTCC:ボクスホール・ワークスのPower Maxed Racingも2020年撤退、プラトは2021年に照準

ここから本文です

BTCC:ボクスホール・ワークスのPower Maxed Racingも2020年撤退、プラトは2021年に照準

BTCC:ボクスホール・ワークスのPower Maxed Racingも2020年撤退、プラトは2021年に照準

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権にボクスホールのファクトリーチームとして参戦するPower Maxed Racingは、8月から開幕予定の超圧縮短期決戦となった2020年シーズンへのフル参戦を休止し「ゲストドライバーとのスポット参戦実施を検討するプログラムに移行する」と発表した。

 ワークスカーとなるボクスホール・アストラBTCCで4年目のシーズンを迎えるPower Maxed Racingは、2020年の本格的チャンピオンシップ挑戦に向け体制を強化。エースは引き続き“シリーズの顔”とも言うべき大ベテラン、悪童ことジェイソン・プラトを続投するとともに、元王者のチームメイトにはシリーズ復帰組の実力者マット・ジャクソンの起用をアナウンスしていた。

BTCC:今季休養の元王者ジョーダン、公式テストでカローラ・ハイブリッドをドライブへ

 近年のプラトは2017年に王者となったアシュリー・サットンとともにチームBMRのスバル・レヴォーグGTをドライブし、このFRカーでサットンとともに複数の勝利を獲得。

 2019年にPower Maxed Racingに移籍してリードドライバーに就任すると、競争力を増したアストラは最終戦ブランズハッチのレース3で大団円となる優勝を飾り、ドライバーズランキング7位でシーズンを終えている。

 8月初旬にドニントンパークで開幕予定の新シーズンに向け、フルシーズンエントリーを見合わせるという決断は、先日同様のアナウンスを行なったWSR(ウエスト・サリー・レーシング)のアンドリュー・ジョーダンと同様に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響だと見られている。

 ただし、チームは2021年に向け既存のスポンサー契約が引き継がれて復帰することを確約しており、その際にプラトは引き続きエースとしてチームに留まることが確定。一方、2018年以来のBTCC参戦となるジャクソンも、2台目のステアリングを握る最有力候補としての権利を保持する。

「間違いなく、この決断を下すのは容易なことではなかった。我々のチームとオフィシャルパートナーの全社は、全体として来季に向けリソースを維持するために、この決断が正しいことだと感じているんだ」と説明するチーム代表のアダム・ウィーバー。

「しかし、これは決してシリーズを諦める決断ではないということは明確にしておきたい。これは契約の“一時停止”ボタンを押すだけであって、ブランディングパートナーとマシン、チーム、そしてボクスホールのファクトリーバックアップも含めたすべての外観が2021年シーズンに引き継がれる」

「これはつまり、我々のアストラBTCCについてさらに多くの開発期間が割けることになり、2021年3月からチャンピオンシップでの戦いを一歩抜け出し、開幕ダッシュを決められることも意味しているんだ!」

 一方、この2020年に向け前人未到のシリーズ通算100勝を懸けて挑む予定だったプラトも「これは正しい判断だったと思う」と語り、チームの決断を支持した。

「これはチームとしての我々や、すべての忠実なパートナーにとって正しい決定だったと、心の底から信じている」と語ったプラト。

「確かにそれは、誰にとっても聞きたくない類の話だとは思うし、我々も計画したとおりにレースができないことに失望している。しかし本当に重要なことは、我々が2021年シーズン以降、何年にもわたって再びレースをする立場にあることを確認することだ。これは、我々全員がそれを保証するための最良の方法だと信じている」

 BTCCを運営するTOCA代表のアラン・ゴウもチームの決断を尊重するとともに、2020年シーズンも新進気鋭の若手ドライバーや、フルシーズンエントリーを果たせなかった経験豊富なドライバーとともに「いくつかのラウンドでボクスホール・アストラBTCCの戦いを見ることができるだろう」との見通しを述べた。

「彼らPMRは2015年のシリーズ進出以降、長い道のりを歩んできた。今季のグリッドからは去ることになったが、いくつかのラウンドではファンを喜ばせる才能を持つ複数のドライバーとともに、彼らのマシンを見ることになるだろう」と続けるシリーズ最高経営責任者のゴウ。

「そしてアダム(・ウィーバー代表)のコミットメントにもあるとおり、彼らは2021年にも戦いの真っ只中に戻ってくるだろう。これは誰にとっても試練の時だが、我々は可能な限り最善を尽くしてお互いをサポートし、嵐を乗り切りたい」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します