サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、フェラーリが”PU開発凍結”賛成に回ったことは「非常にポジティブ」

ここから本文です

 現在ホンダ製パワーユニット(PU)を使用しているレッドブル。彼らはホンダが2021年をもってF1参戦を終了させることになったため、2022年以降のPUをどうするかという問題に直面している。

 レッドブルは他社製PUを使うのではなく、ホンダのプロジェクトを引き継ぎ、同社のPUを使い続けることを希望。そのためにも彼らは、2022年以降のPU開発凍結を要望している。

■フェラーリが態度一転、2022年以降のパワーユニット開発凍結に賛同

 フェラーリとルノーは、この案には当初が反対する姿勢を示していた。しかしバーレーンGP初日にフェラーリはその姿勢を転換し、前提条件付きではあるが開発凍結に賛成すると明かした。

おすすめのニュース

サイトトップへ