サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ 値下げ効果などでインド販売が8カ月ぶりにプラス 2019年10月

ここから本文です

スズキ 値下げ効果などでインド販売が8カ月ぶりにプラス 2019年10月

スズキ 値下げ効果などでインド販売が8カ月ぶりにプラス 2019年10月

スズキが11月28日に発表した10月の生産・販売実績によると、インド販売(卸売りベース)が前年同月比2.5%増の14万1550台となり、前年を上回った。インドは新車需要全体が低迷しており、10月も同5.2%減と落ち込んだものの、スズキは8カ月ぶりに前年を上回った。

新車需要が膨らむ影響のあるヒーンズ教徒のお祭りが前年は9月だったのが今年は10月にずれたことや、インド政府の法人税引き下げを還元するため、スズキは9月末に価格を引き下げた効果があった模様。ただ、インド生産は同20.7%減の11万9305台だった。販売増が一時的な可能性があることから在庫調整を優先しているため。

スバル 台風19号影響で国内生産が3割減 2019年10月

海外販売は同5.2%減の19万9470台だった。国内販売はスイフトやソリオ、ハスラー、ワゴンRなどの主力モデルが低調で同8.8%減の4万9419台と、2カ月ぶりにマイナスとなった。世界販売は同5.9%減の24万8889台だった。

国内生産は完成車問題で生産ペースを落としていることから同5.5%減の8万2453台と6カ月連続マイナスだった。海外生産はインド、パキスタンが減少して同22.0%減の15万6674台と、9カ月連続で前年を下回った。世界生産は同17.0%減の23万9127台だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します