サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元マクラーレン&ロータスF1代表のエリック・ブーリエ、フランスGP運営への注力を拡大

ここから本文です

元マクラーレン&ロータスF1代表のエリック・ブーリエ、フランスGP運営への注力を拡大

元マクラーレン&ロータスF1代表のエリック・ブーリエ、フランスGP運営への注力を拡大

 かつてマクラーレンやロータスのF1チームを率いたエリック・ブーリエ。彼は昨年2月にフランスGPの運営組織に加わり、”ストラテジック・スポーツ(スポーツ戦略)”の役職を得ると共に、オペレーティング・アドバイザーを務め、さらにアンバサダーにも就任した。

 そして今年、ブーリエはフランスGPへの関与を拡大。サーキットへのアクセスを円滑化させる”モビリティプラン”を取り仕切ることになるようだ。

■ドライビングの仕方を忘れるわけ無いだろう! ガスリー、“馬鹿げた批判”を燃料に奮起

「2019年から、フランスGPの運営チームは、エリック・ブーリエのアドバイスと専門知識から、大きな恩恵を受けている」

 フランスGP運営会社のクリスチャン・エストロシ社長はそう語った。

「エリックは、フランスGPの復帰に関するワーキンググループに参加した。そして彼が今、この組織により深く関わっていることを嬉しく思う」

 一方、当のブーリエも、次のようにコメントしている。

「この美しいプロジェクトであるフランスGPに、より関与できることになり、嬉しく思っている」

 そうブーリエは語る。

「フランスの大地での、この素晴らしいモータースポーツイベントの成功に貢献し続けられることを、楽しみにしている」

 フランスGPは昨年から、サーキットへのアクセスに”パーク・アンド・ライド”システムを活用してきた。これはサーキット周辺に点在する駐車場へは自家用車で行くことができるものの、サーキットへの最終的なアクセスはシャトルバスのみ……というようなシステムだ。これにより、サーキット周辺道路の交通渋滞を緩和しようというのが狙いだ。

 今年は利用可能な駐車場の数が増え、さらにシャトルバスが設定される街も増やされるという。また、周辺のキャンプ可能な駐車場も拡大。これらに対処するため、駐車場のレイアウトや情報システムなどは、2019年に設置されたモノと比較し、改善されることになるという。

 2020年の計画では、マルセイユ、ツーロン、エクスアンプロヴァンスからは連日、アルル、アヴィニョン、ドラギニャン、ギャップタラード、マノスク、ニース、サン-ラファエル、サロン・デ・プロヴァンスからは土日のみ、ボルドー、クレルモン=フェラン、モンペリエ、ペルピニャン、ヴァランスからは日曜日のみ、シャトルバスが運行される予定だという。

 また主催者は、フランス国外からの観戦客も呼び込もうと、バルセロナ、ミラノ、トリノ、アムステルダム、アイントフォーフェンなどを結ぶシャトルも計画。キャンプ3泊分のレースチケットをセットにしたパッケージを用意している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します